←トップページ(目次ページ)

 

←石川淳研究会とは?

石川淳研究会 第15回研究会 開催のお知らせ

                          石川淳研究会 運営委員会

 

★以下の通り、研究会を開催します。

★今回は、「焼跡のイエス」についての企画となります。

★来聴自由です。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 201339日(土) 1400

  青山学院大学・青山キャンパス 15号館(ガウチャー礼拝堂)5階・第13会議室

・キャンパスマップ

http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html

 

  ・交通アクセス

     http://www.aoyama.ac.jp/other/access/aoyama.html

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

1)企画:「焼跡のイエス」再検討

先行研究紹介: 帆苅基生(青山学院大学院生)

報告者: 山根龍一(日本大学) 若松伸哉(愛知県立大学) 松本和也(信州大学)

ディスカッサント: 山口俊雄(日本女子大学)

司会: 杉浦晋(埼玉大学)

 

2)近年発表された石川淳関連論文について(全体討議)

 司会:重松恵美(仏教大学)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

*研究会終了後、懇親会をおこないます。(会場は当日お知らせします。)
---------------------------------------------------------------------------------------------

 

企画趣旨

1946年に発表された「焼跡のイエス」は石川淳の代表作の一つとして挙げられている。また「焼跡のイ

エス」は戦後の文学活動のスタートと言えるもので、石川淳の戦後の文学活動を考える上でも重要なもの

であろう。しかし議論が尽くされたとは言えずまだ多くの論じるべき余地が残されている。

 そのようななか、昨年の夏に偶然、若松伸哉氏と山根龍一氏が「焼跡のイエス」論をそれぞれ発表され

た。これをきっかけに今回の研究集会では二氏の論文の合評と合わせて「焼跡のイエス」やあるいは石川

の戦後(特に1940年代後半)の作品について議論をする時を持ちたい。

 若松氏は石川淳を、山根氏は坂口安吾を中心にこれまで研究されている。その二氏と共に太宰治を中心

に研究されている松本和也氏に報告をしていただく。その後、若松・山根両氏が先行論として引用されて

いる山口俊雄氏にディスカッサントとして加わっていただき、参加者も含めて議論を深める時としたい。

 

参考)

・山根龍一「石川淳「焼跡のイエス」論―被占領下における「倫理」の可能性をめぐって―」

(『日本大学商学部 総合文化研究』20128

 

・若松伸哉「焼跡で虚構を立ち上げること―敗戦直後から見る石川淳「焼跡のイエス」―」

(『昭和文学研究』20129

↑この頁の先頭へ戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー